モノローグ

小さな日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Dear SKY


Dear SKY

P6300022-1ss.jpg


外に出たら、綺麗な空が広がっていて
家の中にカメラを取りに行って パチリとシャッターを切った 19時5分の空

何でもないような青空でも
今の季節には、感動する空だったりする


音楽処方箋


スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 22:37:29|
  2. | コメント:2

あじさいの季節


あじさいの季節

IMG_5406-1oksss.jpg


紫陽花にまつわる恋の思い出ではないけれど・・・今の季節のこんな雨の日の思い出がひとつある
学生だった頃に住んでいたアパートの隣の部屋に、ゼミ仲間の友が住んでいた
今日みたいに雨が降りしきる夜、ふたりで、ゼミのコンパからほろ酔い気分で戻って来たら
私の部屋のドアの前に、綺麗な紫陽花の鉢植えが置いてあった
いっしょに紙袋が置いてあって、白い封筒に入ったカードが添えてあった
同じサークルの男子からだった
「綺麗な紫陽花を見つけたので贈ります。それから、明日サークル対抗の草野球大会があるから、ユニホーム洗っておいてください。」
カードにはそう書かれていた
「えっ!何で私があの人のユニホームを洗わなければならないの?だいたい今何時!洗っても乾くわけないじゃん!」
いい気分で帰って来たのにすっかり醒めた気持ちになって、私は友にそう言って紫陽花の花も紙袋に入ったユニホームもそのままに
「おやすみ!」と言ってバタンとドアを閉めて部屋の中に入った
でも、やっぱり気になって20分くらいしてからドアを開けてみたら、そこに紙袋はなかった
次の日、友は草野球の会場に行き、綺麗に洗ったユニホームを持ち主の男子に投げつけ
私から言付かって来た、と言ったそうだ
友はあれからユニホームを洗い、干して朝に何度もアイロンをかけて乾かしたらしい

何で、そこまでするんだろうと思っていたら
その後、ふたりは付き合いはじめた
友は、その男子が好きだったんだと、そうなってから初めて聞かされた

私は冷たい女だったのかなぁ?とふと思ったりする
でも、恋のキューピットでもあったよね^^




  1. 2016/06/29(水) 19:36:51|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:2

きのこ


きのこ

IMG_5694-10sssss.jpg


こんなきのこに出会えるのも
梅雨の楽しみのひとつ

君を見つけたら絶対 撮っちゃうんだけど
いつも、いまいちでごめんね



  1. 2016/06/28(火) 19:23:05|
  2. 季節
  3. | コメント:6

梅雨の晴れ間


梅雨の晴れ間

e-8ss.jpg


朝は気持ちの良い青空が広がっていたけれど
午後になって
だんだん曇って来た
明日は、また雨模様らしい


音楽処方箋




  1. 2016/06/27(月) 19:12:19|
  2. 季節
  3. | コメント:0

梅雨の晴れ間


梅雨の晴れ間

DSC06911-1okss.jpg


今日は、朝からすっきりと晴れた
風はとっても強かったけれど
久しぶりにカメラを持って写真を撮りに出かけた
そんな中で出会ったトンボ
私が近づいても平気な顔で
久しぶりのお陽さまを楽しんでいるみたいだった
何トンボかな?




  1. 2016/06/26(日) 20:51:54|
  2. 季節
  3. | コメント:0

映画と写真


映画と写真




映画「64」と「クリーピー」を観た

映画は、私を現実と全く違う世界に連れて行ってくれる
映画を観るということは、私にとって2時間の現実からの逃避行
写真を撮るということも、それに似ているなと最近思ったりしている





  1. 2016/06/25(土) 21:59:35|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

時計


時計





時計の針が
前にすすむと「時間」になります
後にすすむと「思い出」になります


と、言ったのは
寺山修司だったかな?


一回だけ、自分の人生の好きな時に戻ることができるなら
私は、どの時に戻りたいだろう・・・





  1. 2016/06/24(金) 17:14:33|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

どぶに咲く花


どぶに咲く花

d0236795_17191251ss.jpg


家の近くの溝が、ずうっとドクダミの白い花で覆われていた
においは好きじゃないけれど、葉は薬草として役立ってきたし、白い花は可愛い

星野富弘さんという人が、こんな詩を書いていた


どくだみ

おまえを大切に
摘んでゆく人がいた
臭いといわれ
きらわれ者のおまえだったけど
道の隅で
歩く人の足許を見上げ
ひっそりと生きていた
いつかおまえを必要とする人が
現れるのを待っていたかのように
おまえの花
白い十字架に似ていた






  1. 2016/06/23(木) 22:51:12|
  2. 季節
  3. | コメント:0

あじさいの季節


あじさいの季節

P6220105-1ssss.jpg


今日は、水辺で白い紫陽花に出会う♪



  1. 2016/06/22(水) 22:42:03|
  2. 季節
  3. | コメント:2

あじさいの季節


あじさいの季節

Dsc06770ss.jpg

あじさいの季節もそろそろ 
おしまいかな・・・





  1. 2016/06/21(火) 21:09:49|
  2. 季節
  3. | コメント:2
次のページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
季節 (48)
映画 (10)
ひとりごと (42)
優しい時間 (8)
音楽 (4)
空 (9)
海 (11)
雨の日 (3)
写真展 (2)
何気ない日々 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。