モノローグ

小さな日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さくらんぼ


さくらんぼ

d0236795_1620691sss.jpg


あれはもう初夏の頃で、そろそろれいの中小都市爆撃がはじまって、熱海伊東の温泉地帯もほどなく焼き払われるだろうということになり、荷物の疎開やら老幼者の避難やらで悲しい活気を呈していた。

その頃の事だが、或る日、昼飯後の休憩時間に、僕は療養所の門のところに立ってぼんやり往来を眺めていた。日でり雨というのか、お天気がよいのに、こまかく金色に光る雨が時々ぱらぱらと降って来る。燕が、道路に腹がすれすれになるくらいに低く飛んで飛び去る。

僕はあの時、何を考えていたのだろう。道の向う側の黒い板塀の下に一株の紫陽花が咲いていて、その花がいまでもはっきり頭に残っているところから考えると、或いは僕はそのとき柄にもなく旅愁に似たセンチメンタルな気持でいたのかも知れないね。


太宰治  『雀』 より

さくらんぼ手に入らず、アメリカンチェリーを食す 




スポンサーサイト
  1. 2016/06/19(日) 17:12:43|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0
<<雨の季節 | ホーム | 庭のかたすみで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
季節 (48)
映画 (10)
ひとりごと (42)
優しい時間 (8)
音楽 (4)
空 (9)
海 (11)
雨の日 (3)
写真展 (2)
何気ない日々 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。