モノローグ

小さな日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七夕


七夕

d0291890_2294599sss.jpg



『空気は澄み切って まるで水のように 通りや店の中を流れましたし
ほんとうにそこらは 人魚の都のように見えるのでした』


「銀河鉄道の夜」より


小学校6年の時にはじめて読んだこの物語に、夢中になった
星祭「ケンタウル祭」の夜の幻想的できれいな町の様子も、やがてジョバンニが乗る列車の窓に広がる景色も
私の頭の中に生き生きとしたイメージとして描くことができた

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の星祭の夜は、旧暦の七夕にあたる日だった、と誰かが書いていた
もしそうなら、彦星と織姫の逢瀬の夜に、ジョバンニとカンパネルラを乗せた銀河鉄道は
北十字(白鳥座)から天の川を下り南十字(サザンクロス)までを走ったことになる
そんなふうに考えると、「銀河鉄道の夜」がまた違った出会いと別離の不思議さに満ちた物語に思えてくる


朝は綺麗に晴れていたけれど
だんだん雲が多くなって来た
今夜 星は見られるだろうか



スポンサーサイト
  1. 2016/07/07(木) 09:36:51|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:4
<< | ホーム | サラダ記念日>>

コメント

北十字~南十字

999、覚えていないのですが、天の北から南への旅だったのですね!
興味深いくブログの文章を読みましたよ。
それと、ぼくには撮れない花のお写真、いいですね。
  1. 2016/07/07(木) 13:56:34 |
  2. URL |
  3. 月の住人 #-
  4. [ 編集 ]

梅花藻?
とても 魅力的な表現ですね^^

「銀河鉄道の夜」
私も 惹かれた作品です
  1. 2016/07/07(木) 22:04:55 |
  2. URL |
  3. 白藍** #PRI4iVMM
  4. [ 編集 ]

月の住人さん

コメントありがとうございます。
999・・・銀河鉄道999ですね!
私は、読んだこと(観たこと)ないのですが、松本零士氏が描く女性はとても綺麗で魅力的だと思っていました♪

写真のこと、ありがとうございます。
  1. 2016/07/07(木) 22:16:07 |
  2. URL |
  3. mint #-
  4. [ 編集 ]

白藍さん

コメントありがとうございます。
写真の花はおっしゃる通り梅花藻です。
少し銀河のイメージに似てるかな?
と思い載せました^^

「銀河鉄道の夜」読まれたのですね♪
秋近くになって、ススキの原っぱなんか見つけても、いつも思い出す物語です^^
  1. 2016/07/07(木) 22:21:24 |
  2. URL |
  3. mint #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
季節 (48)
映画 (10)
ひとりごと (42)
優しい時間 (8)
音楽 (4)
空 (9)
海 (11)
雨の日 (3)
写真展 (2)
何気ない日々 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。