モノローグ

小さな日々の記録

中秋の名月


IMG_5478-1ssssok


今夜は「中秋の名月」
昼間は曇っていたけれど、今は窓の外に綺麗な月が見える

電気などなかった昔
月夜は青白く、不思議で、とても柔らかな光に満たされていた
と誰かが書いていた
たとえば静かな海の底に隠された庭のようであったのではと思ったりする
そんな夜を、芭蕉の俳句にあるように
人々はさまよい、時間も忘れて別世界にいるような心地よさを楽しんだのかもしれない

そういえば
平安の昔には、満月の夜には月明かりで影ふみをして遊んだという話を聞きたことがある
何てロマンチックナイト!


遠く離れていても、みんな同じ月を見てるね


P9150314-1sss.jpg




  1. 2016/09/15(木) 20:22:41|
  2. 季節
  3. | コメント:14

遠い花火


遠い花火


DSC08031-10sss.jpg

DSC08076-10sss.jpg

DSC08067-10sss.jpg

DSC08042-10sss.jpg


昨夜
花火大会が行われる海辺に向かって車を走らせていたら、
人があふれ駐車場もないという情報が入り
その浜辺よりもう少し北にある浜辺に行ってみることにした
そこから花火が見えるかどうかもわからないままに到着すると
そこも堤防沿いにずらっと車が止まっていて
砂浜も堤防もたくさんの人がいた

夜に海辺の写真を撮るなんて初めてのことで、
急にわくわくして来て
花火が始まる前の浜辺や堤防を撮り歩いた

浜辺に夏だけオープンするカフェのような店
店の灯りの前に集う人々
堤防の道を明るく照らす外灯
砂浜の見張り塔も夜に見ると、いっそう魅力的に見えた

そして
花火は・・・遠い花火
身軽に、SONY RX1だけ持って行った結果だけれど
でも、写真の出来は置いといて 遠い花火も情緒があっていいなぁと思った


「恋は、遠い日の花火ではない。」 そんなCMのキャッチコピーを思い出していた^^

DSC08080-10sss.jpg

DSC08155-10sss.jpg






  1. 2016/09/11(日) 17:14:40|
  2. 季節
  3. | コメント:12

夏の余韻


夏の余韻





  1. 2016/09/06(火) 21:54:43|
  2. 季節
  3. | コメント:2

消えない夜


消えない夜



毎年この頃になると聴きたくなる曲がある
夏の曲ではないのに
思い出があるわけでもないのに
何故かわからないけれど・・・そんなことって あるよね?あるかなぁ?^^




  1. 2016/08/29(月) 23:08:03|
  2. 季節
  3. | コメント:2

夏の終わり

夏の終わり

d0236795_21592763sss.jpg


夏の雲 夏の海 夏の道 夏の緑
まだ、あたりは夏景色
朝顔もまだ綺麗に咲いている

でも、もうすぐなつかしい風景になるね・・・



夏の景色を詰め込んだビー玉
弾いたら
何処かで花火の音がして

静かになった頃
夏の終わり



  1. 2016/08/27(土) 17:21:35|
  2. 季節
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
季節 (48)
映画 (10)
ひとりごと (42)
優しい時間 (8)
音楽 (4)
空 (9)
海 (11)
雨の日 (3)
写真展 (2)
何気ない日々 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR