モノローグ

小さな日々の記録

車窓


車窓

IMG_6083-sok.jpg


私は、車の助手席に乗ってる時
いつもカメラで遊んでいる

この海は、伊勢湾岸自動車道を走っている時
ガードレールの間から撮った海

この時は干潮だったらしく大きな干潟が広がっていて
人影も何人か見えていた
こんな場所にこんな干潟ができるなんて・・・

車窓からしか撮れないのが 残念




  1. 2016/07/28(木) 16:36:06|
  2. | コメント:2

海を見ていた午後


海を見ていた午後

IMG_5267-10sss_20160722193249828.jpg


  なみだは人間のつくるいちばん小さな海です
                        
                        寺山修司




  1. 2016/07/22(金) 19:29:26|
  2. | コメント:4

海を見ていた午後


海を見ていた午後

e-11sss.jpg



「ねえ、
海で死んだ人は、
みんなかもめになってしまうんだって?」
と少女が尋ねる。
「ああ、
ジュリエット・グレコはそう唄っていたね」
とおじさんは答える。
「でも」
と少女は口ごもる。
「かもめがきらいな人は、
どうしたらいいんでしょう?」
今月の人生相談の回答。
「かもめのきらいな人は、
死ぬべきではないのである」


寺山修司 「かもめに関する序章」より



寺山修司の詩は何でこんなに心に沁み込んでくるんやろ?・・・と思う




  1. 2016/07/04(月) 19:29:00|
  2. | コメント:8

海を見に行く


海を見に行く

d0291890_22253230.jpg


「あらたまって、聞くけどね。きみ、一目惚れって信じる?」

「一目惚れって……そう、はじめて見た海みたいなものね」

「きみは、ぼくの海だ。はじめて見たときの……その澄んだ目をよく見せてごらん」

寺山修司



  1. 2016/06/15(水) 19:02:24|
  2. | コメント:0

ふるさとの海


ふるさとの海

P5170165-5ss.jpg


私が住む三重県は、東側には、北から南にずっと海岸線が続いている
東に向かって行けば海を見ることができる
北の方は伊勢湾をずっと取り囲むように工業地帯が広がる海
南に下りてくると
カモメたちも憩える砂浜の海が広がる
もっと南に行くと、伊勢志摩のリアス式海岸が
もっと南に行くと、マンボウが住む伊勢湾の入り口付近
そのあたりからは雄大な太平洋らしい海の景色に変わる

三重に住んでいてよかったと思うのは
変化する海の景色を楽しめることかな?^^




かなしくなったときは 海を見にゆく
古本屋のかえりも 海を見にゆく

あなたが病気なら 海を見にゆく
こころ貧しい朝も 海を見にゆく


寺山修司「かなしくなったときは」 より

  1. 2016/05/18(水) 19:27:37|
  2. | コメント:4
前のページ 次のページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
季節 (48)
映画 (10)
ひとりごと (42)
優しい時間 (8)
音楽 (4)
空 (9)
海 (11)
雨の日 (3)
写真展 (2)
何気ない日々 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR